予防接種|調布市の小児科「いしいこどもクリニック」|乳幼児健診 小児感染症 アレルギー疾患

予防接種について

ワクチンデビューは生後2ヶ月から

感染症を予防するのに、安全で確実性が高い方法がワクチンです。日本でも毎年多くの子供達が、ワクチンを接種しなかったことで、予防できるはずの病気に感染し、中には重い後遺症に苦しんだり、命を落とすお子様もいらっしゃいます。予防接種は病気に罹らないよう、また罹っても症状がひどくならないように行います。一般的には生後約2ヶ月からがワクチンデビューのタイミングです。
現在は、たくさんの予防接種があり、「どれを接種したらよいのか?」と戸惑われる方も少なくないと思います。それに予防接種のスケジュール管理は、保護者の方だけでは少々難しいものです。そんなスケジュール管理についても、遠慮無くご相談ください。

ご持参いただくもの

  • 1予診票
  • 2母子健康手帳
  • 3健康保険証
  • 4小児医療証
  • 5診察券(お持ちの方) など

接種前後30分は授乳や飲食を控えてください。また接種後30分は、もしもの副反応に備えて、院内あるいは、直ちに来院できる場所に待機していただき、不機嫌になる、顔色が悪くなる、吐くなど変わった様子がないか十分注意してください。

定期接種と任意接種

予防接種には、下記のように「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

定期接種

国が「一定の年齢になったら、受けるように努めなければいけない」と規定しているワクチンです。接種費用は、対象年齢内、規定回数内であれば、基本的に公費で負担されます(対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けたりした場合の接種費用は、全額自己負担となります)。

ワクチンの種類
  • Hibワクチン【不活化ワクチン】
  • 小児肺炎球菌ワクチン【不活化ワクチン】
  • B型肝炎ワクチン【不活化ワクチン】
  • MR(麻疹・風疹混合)ワクチン【生ワクチン】
  • 日本脳炎ワクチン【不活化ワクチン】
  • 子宮頸がんワクチン【不活化ワクチン】
  • 水痘ワクチン【生ワクチン】
  • BCGワクチン【生ワクチン】
  • 4種混合ワクチン【不活化ワクチン】
  • 3種混合ワクチン【不活化ワクチン】
  • 不活化ポリオワクチン【不活化ワクチン】
  • 2種混合ワクチン【不活化ワクチン】

任意接種

定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良いという意味合いではなく、病気を防ぐためには、やはり大事な予防接種です。費用は基本的に自費になりますが、接種をお勧めいたします。料金等については、予約時にご確認ください。

ワクチンの種類
  • ロタリックス【生ワクチン】
  • ロタテック【生ワクチン】
  • おたふくかぜワクチン【生ワクチン】
  • インフルエンザワクチン【不活化ワクチン】

予防接種のスケジュールに関しましては、お問い合わせください。

「打ち漏らし」があっても、それよりも上の年齢で接種できる場合があります。「接種をしていない」「必要な回数を終わらせていない」などのケースについては、ご相談ください。

集団生活に入る前に

保育園や幼稚園などの「集団生活」に入ると、感染症に罹患する機会が急増します。
入園前には、お子様の接種状況を見直し、接種漏れや任意接種などについては、可能な範囲で接種しておくと良いでしょう。

  • KNOW VPD! VPDを知って、こどもをまもろう。
  • こどもの救急